弱い睫毛であってもボリュームがあるデザインにできるのは何故?

弱い睫毛であってもボリュームがあるデザインにできるのは何故?

その答えは、睫毛の毛周期に応じてまつげエクステンションの付け方を工夫しているからです。

スキルが高いアイリストさんの場合は、成長期初期の睫毛ともうすぐ抜けてしまう脱毛直前の睫毛にはまつげエクステンションを装着しません。

 

こういったことを細かく注意してくれるアイリストさんの場合は早期に型崩れしてしまってバラバラしません。

睫毛が減ってしまってまつげエクステンションそのものをしばらくお休みしなければならないこともないのです。

こういった毛周期をキチンと見極められるかどうかは、それなりの経験が必要です。

 

リペアする大事なポイントとしては美容液を使ったり、小まめにリペアに通うことです。

睫毛が乱れてきたのを修正せずに生活していると目のトラブルの原因になることもあります。

2週間から3週間を目安にしてサロンに出かけてチェックしていただくと安心ではないでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *